ゴルフ会員権購入に失敗しない!!購入前に押さえておきたい留意点!!

ゴルフ会員権は、いつでもゴルフを1人でも利用できたり、コンペに参加できたり、色々なメリットがありますよね。しかし、もちろんどのゴルフ場の会員権でも良いと言う訳にはいかないですよね。ここでは、ゴルフ会員権を選ぶ際の留意点について紹介します。

会員権を購入するゴルフ場の選び方の留意点とは?

ゴルフ会員権

ゴルフ場の立地や交通アクセスを考慮する

まずゴルフ会員権を購入する際に確認したい事は、自分が無理なく通える距離のゴルフ場であるかと言う事です。折角、ゴルフ会員権を購入してもゴルフ場までの移動に時間がかかってしまうと、ゴルフ場に通う事を億劫に感じますよね。これから自分が長く通う事を想定して、大体自宅から1時間以内程度の範囲のゴルフ場を選択するのがお勧めです。また、高速インターから近かったり、クラブ行きのバスがあったり、交通アクセスが良いと便利です。

ゴルフ場の母体と経営が安定している事

ゴルフ場の母体となる会社やゴルフ場経営の安定性も、ゴルフ会員権の購入にはとても重要なポイントです。例えば、自分が会員になったゴルフ場経営が悪化し破綻した場合には、基本的に預託金は手元に戻ってきません。経営状態が良くない事は破綻リスクや年会費アップにもなります。なので、ゴルフ場の母体の安定性や経営状態を把握した上で、優良なゴルフ会員権業者を探す事も、ゴルフ会員権購入で失敗を防ぐ大切なポイントになります。

コスパ面を考慮する

ゴルフ会員権は株と同様に価格変動制になっています。なので、自分に負担にならず予算に合った相場のコースを選ぶ事も大事なポイントです。また、ゴルフ会員権購入費の他にも、名義書簡料・年会費・手数料等の出費が必要になります。この中でも年会費は毎年支払うので、必ず確認するようにしましょう。ゴルフ会員料金とビジター料金の差額を計算してみて、自分のラウンドペースだと何年で元が取れるのかについて、シミュレーションしてみるのもお勧めです。

会員人数とビジターに対する優位性を見る

ゴルフ会員になると、会員限定でプレー可能であったり、会員の同伴や紹介ではビジターもプレー可能になっていたり、土日は会員しかプレーできなかったり、ゴルフ場の運営スタイルによってビジター受け入れ体制も異なってきます。通常、ビジター受け入れが少ない程ゴルフ会員の方が予約の通りやすさがあるので会員の優位性が高まります。
ゴルフ場の会員数は1ホールにつき大体100名程度が適正です。18ホールのゴルフ場で予約に支障が出ない会員数は約1200〜1300名程度と言われています。逆に会員数が多すぎると予約が取りづらくなったり、少な過ぎても会員の優位性が低い可能性が出てきたりするので気を付けましょう。

ゴルフ場の施設や設備の充実度

ゴルフをする上では、コースやクラブハウスが綺麗であると言う事も大事なポイントの一つです。練習場・浴室・サウナ等の設備の有無を確認したり、施設の配色やデザイン等の全体的なゴルフ場の雰囲気が自分好みになっていたり、快適なクラブ生活を送る上では大切です。また、手厚い会員サービスのゴルフ場には、専用ロッカーやラウンジ等が完備されている所もあります。名門コースでは基本歩きのラウンドなので、乗用カートでラウンドしたい場合には確認しておきましょう。他にも、予約形式に関しても電話なのか会員専用Web予約なのか方法によって利便性も異なるので、前以て確認するのがお勧めです。

コンペ開催の頻度やJGA認定の有無

ゴルフ場によってはコンペに対する力の入れようには差があります。コンペ出場がゴルフ会員権購入の目的の場合、想像していたよりコンペが少ないと言う事にならないよう、ゴルフ場のコンペ開催頻度も確認しておきましょう。また、クラブ主催以外のコンペにも参加したい場合には、要公式ハンデ取得になっています。基本的にJGA認定コースでなければ、公式ハンデ取得はできません。多くのコンペに参加する為に公式ハンデ取得が必要な場合は、ゴルフ会員権購入コースがJGA認定か確認するようにしましょう。

コースレイアウトと気候を考慮する

ゴルフコースにも色々ありますよね。例えば、ドライバーを満振りできるようなフェアウェイが広いコースが好きだったり、コース幅が狭くて少しスリリングなコースが好きだったり、アップダウンがある方が楽しめたり、フラットなコースが好みであったり、ゴルフコースの好みは人それぞれで違います。距離・アップダウン・フェアウェイの広さ・コースの戦略性等、コースレイアウトも色々な特徴を持っています。なので、何度か自分でラウンドしてみて、自分好みなコースであるか事前に確認しておくのはお勧めです。また、冬にクローズしない、夏の暑さは厳しいのか等、快適にプレーする為にも気候チェックも事前確認事項として大切になります。

どの種類のゴルフ会員権を購入するのか

ゴルフ会員権

ゴルフ会員権には主に4タイプの会員権があります。
一つ目は正会員です。コース定休日を除いて全日プレー可能となっており、全クラブコンペに参加する事ができます。委員・理事に選ばれればクラブ運営にも参加可能です。
二つ目は平日会員です。コース定休日を除いた月~土のプレー可能で、クラブの定める平日コンペに参加する事ができます。週休2日制で土曜プレー可なので人気があります。
三つ目は週日会員です。月~金の平日プレー可能で、週日に休みが取れる人や主婦と言うように特定入会者に限られます。
四つ目は婦人会員です。ゴルフ場施設の制約から女性会員数に枠を設けており、入会制限している場合に適用されます。
その他として、クラブによってはプレー日を限定した、クラブ独自で決めた会員権もあります。
このように、会員権にはいくつかの種類があります。なので、自分の状況に合わせて最も合っているものを選択するのがポイントです。基本的に土日メインでプレーする場合であれば正会員、平日メインのプレーであれば週日会員や平日会員がお勧めです。また、会社経営されている人であれば、各種費用を経費計上可能な法人会員を利用するのもお勧めです。

実際にゴルフ会員権を購入した場合どのくらいお得なのか?

ゴルフ会員権

実際にゴルフ会員権を購入するとなると、それなりの高額な買い物となりますよね。実際に購入した場合としない場合では、一体どれだけの差があるか気になる所です。例えば、会員権・名義変更料・仲介手数料込みで200万円、年会費6万円のゴルフ場の場合を参考に比較してみましょう。現在のゴルフ会員権の相場は、それなりにクオリティを備えたゴルフコースになっています。年会費が6万円となると高額にも感じる人もいるかも知れませんが、会員になると1回のプレー代が大幅に割引されます。あるゴルフ場で土日のプレー代が22,000円で提供されている場合、そのゴルフ場の会員になる事で、諸経費込みで4,000円と言う大変リーズナブルな価格でプレーする事ができます。その差額は18,000円にもなり、年会費の元は年間4回以上の土日プレーで取れる計算になりますよね。
このような条件で、年間12回の月1ゴルファーが会員権取得費用で200万円、年会費を6万円払った場合、初期費用の200万円が差額によって償却されるのは13年目になります。もちろん、自分のプレー頻度が多くなれば、結果的に会員になった方が料金的メリットになります。他にも、会員には料金以外の色々な特典があるので、長くゴルフをやっていきたいゴルファーにとって、ゴルフ会員権の会員メリットは大きいといえます。